遊び人の雑学

生活にほぼ役に立たない遊び人の雑学

強度と剛性の違い

まぁ強度と剛性ってありますよね。

前回書いたブログの内容で適当に書いてたのですが

剛性を上げると車としての性能は良くなる!

って言うような内容を書いていたのですが

よく考えれば、ちょっと内容違うよなぁと思ったんですよね。

 

そんなところで、剛性と強度とはという面でブログを書いてみようと思います。

 

さて、まずは剛性と強度の違いについてです。

簡単にお菓子で例えると

お煎餅は剛性が高く、酢昆布は強度が高いです。

 

(適当にこんな例えを出しましたがジジくさいとか言ってはいけません

古風と言いましょう。そもそも、私の年齢はそんな増しておりません。)

 

この例えに対してはどうでも良いとして

お煎餅は硬いですよね。

パリパリの醤油煎餅と暖かい緑茶の組み合わせは良いですよね。

そんなことは良いとして

これが剛性です。

硬いけれども一定以上の衝撃を与えると割れてしまう。

これが剛性です。

 

対して酢昆布

駄菓子の定番ですが、私はそんなに好きではありません。

あのお菓子はぐにゃぐにゃ曲がりますが

噛んでも割とちぎれないですよね。

元の形に戻そうと思えば戻ります。

これが強度と言う物です。

 

剛性に特化したものは割れて二度と同じ形には戻らない

強度が特化したものは柔らかくて同じ形に戻そうと思うと戻る

という感じです。

 

世の中には、柔よく剛をなす。という言葉があります。

力を受け流し逆に利用する。そういう言葉だと私は思っていますが

車においては柔よく剛をなすというそういったことをするのは難しいと言えます。

硬さが必要なところ、柔らかさが必要なところ

車にはその要素が両方必要です。

車がコーナリングをしていくとき、その時にはボディは路面に対して少しだけ曲がります。

(車体が元の形に戻る範囲での変形でこのことを可逆性変形と言います。

逆に戻らない変形の事を塑性変形と言います。)

この柔らかさが無い車だと、曲がっていかない

剛性を遮二無二に上げまくっただけの車では、サスペンションにもよりますが

柔らかさが少ない車は荷重変化が起きにくくなりタイヤの設置感が少なくなります。

要するに曲がりにくい車となってしまいます。

まぁ速度の変化によってかかる荷重の量も変わりますし

必要な時に必要な剛性をというのが一番です。

しかし、それでは一般道を走る車としては不向きというか

曲がらな過ぎて乗れない、という車になってしまいます。

 

そこで、曲がっても戻る。

強度が必要という事になります。

例えばですが、チタンという金属は、曲げても戻ります。

鉄なら耐えられないようなくらいまで曲げても戻ります。

ただ、その分の剛性が無いので

チタンの生ボルトを作っても、結構少ないトルクでもげます。

チタンそのものの剛性を超えたトルクがかかることで

ボルトそのものが逝ってしまうので、今でも主流は鉄ボルトという事です。

剛性を上げてもダメなら強度を上げよう!

と無駄に上げてもグニョングニョンした車体では振れが大きくなるので

タイヤの設置は大きくなっても良い車とはなりません。

 

要するに、剛性と強度の高次元でのバランスが良い車を作るという事です。

まぁ私も勉強中の身でありますので

大したことは言えませんが

大筋間違っていないと思います。

剛性を上げれば強度も上げる。良い車づくりには欠かせない要素ですので

頭の片隅にでも置いていてはいかがでしょうか。

 

それでは